· 

わが家の年賀状-表版と裏版-

 明けましておめでとうございます。 

 最近の若い人は年賀状をあまり出さないというが、私は「最近の若い人」ではないので、習慣として年賀状を出している。以前は、わが家の年賀状は雅恵が「プリントごっこ」でつくるならわしだったが、いつのころからか私がパソコンでつくるように役割が変わった。当初はこれが結構な苦痛で、年を越す前に越さねばならない課題のようだったが、やっているうちにいつの間にかむしろ楽しみになっている。

 今年はサル年。マレーシアフリークの私としては、サルといえばオランウータン。ということで、昔のアルバムから、若いころにクアラルンプールの動物園で撮ったオランウータンの子どもと雅恵のツーショットを引っ張り出してきて、これをモチーフに年賀状をつくろうと企てた。ひとりニヤニヤしながら完成間際の爆笑年賀状(?)を得意満面で雅恵に見せたところ、強烈なダメ出しを食らってしまった。ウケを狙って調子に乗りすぎたらしい。年賀状でウケを狙って雅恵のご機嫌を損ねたのでは本末転倒。かくして自信作はあえなくお蔵入りとあいなった。

今年のわが家の年賀状(表版)
今年のわが家の年賀状(表版)

 代わって完成した図案がこれ。テンションが下がったせいか、いつになく地味でおとなしめでテーマのはっきりしない出来栄えとなった(←年賀状に「年賀」以外にテーマが必要と信じて疑わない変なオッさん)。

 ともあれ、そんなこんなで家内平穏、平和な新年を迎えることができました。とさ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    櫟原 俊嗣 (土曜日, 02 1月 2016 22:59)

    新年おめでとうございます。
    今年も楽しみに拝見させて頂きますので、頑張って
    更新してくださいね。
    また、どこかでお会いすることもあると思いますので、
    その時は宜しくお願い致します。
    お互いに健康第一で、蝶々を追っかけていきましょう!

    雪のない福井より

  • #2

    徘徊老人 (水曜日, 06 1月 2016 17:23)

    新年おめでとうございます。
    今年も「チッチとサリー」の小さな恋の物語。スパイスに蝶々が入って・・・
    楽しみにしています。